ランニングメモ

サブ4できたりできなかったり。

レペティションって?

 

昨日、大阪城公園でラン友のNさんとゆっくりしゃべりながらジョギングをしていたら、

とあるグループの練習会に参加していた知り合いのUさんから、

一緒に走りませんかと誘っていただいたので

そのグループの練習会にふたりで飛び込み参加してきました。

 

どういった練習をするか全く知らなくて

毎週、メニューは違うようですが、

今回は「レペティション」というメニューのよう。

 

なんか聞いたことあるような気はしますが、

やったことのない、知らない練習です。

 

3つのグループにわけて、

1500m×3本で 「何分まわし」とかいっているけど、

で、結局どんだけのペースで走るのか分からない。

 

私は女性ランナーばかりのグループにとりあえず入れてもらいました。

レぺ・・・だから、レースペース?(←まちがい)

キロ5分くらいでいいのかなと考えていたけど。。。

一番遅いグループだけど、みんな速そうな体型した人ばかり。

 

スタートの合図とともに

みんな爆走していく~

ついて行けずに、早々にほぼ最後方になってしまった。

辛くて苦しくて、1本走り終えて「もう無理!」となりギブアップ。Nさんも笑。

 

 

どういうペースで走る練習なんですか??

とちゃんと聞いて覚悟していれば良かったんですけど。

後でネットで調べると

レペティション練習とは、

レペティション(repetition)=反復という意味。

間に完全な休憩を入れながら

全力で走る練習なんだそうです。

 

インターバルと似ていますが

違いは間に挟む休息がどうなのかというところ。

インターバルは完全な休憩をせずジョグで繋いでレースペース(サイトによって違いがありますが基本はレースペースでやるみたいです。)で5本から10本走るのに対して、

レペティションは全力で走った後、完全に休憩をしてから次の1本も全力で走る。

負荷が大きいので本数は3本くらいの少なめに書いているサイトが多いですね。

 

 

レペティション練習に取り組むとき、

前半飛ばして後半失速するような走り方は練習効果がおちてしまうようです。

イーブンでかつ全力で走るようにすることが大切なんだそうです。

 

ちなみに今回の私の記録

最初の1km 4分13秒

のこり500m 2分17秒(4分33ペース)

めっちゃ失速してます・・・

 

 

ぎりぎりサブ4ランナーとしては必要のないトレーニングなのかもしれませんが

今後も参加させてもらおうかな~。