ランニングメモ

サブ4できたりできなかったり。

富士登山してきました。

今月末の富士登山競走の頂上コースに参加するラン友さんと、富士山に行ってきました。

 

私は大会には出ませんが、富士山のてっぺんに一度は行ってみたいと思っていましたので連れて行ってもらいました。

 

夜9時、家まで迎えに来てくれて大阪から出発!

途中、サービスエリアで休憩を挟みながら、

深夜2時頃に富士山駅周辺に到着。

現地のとある方のご厚意に甘えて、

大会のスタート位置の近くの某駐車場に車を止めさせてもらい、

買い物など色々準備をして

1時間弱仮眠を取り、

5時過ぎ、ラン友さんは大会のスタート位置に近いところから走っていきました。

f:id:yucarinsan:20180715102327j:image

【この日は天気良くて富士山が綺麗に見えた】

 

私はラン友さんがスタートした約1時間後に、

富士山駅前からバスに乗って

スバルライン五合目まで。

f:id:yucarinsan:20180715102953j:image

富士山駅

 

 

f:id:yucarinsan:20180715103244j:image

【スバルライン五合目から見えるてっぺん】

 

f:id:yucarinsan:20180715102601j:image

【五合目はすでに雲の上?】

 

7時20分頃に到着したんですが、

バスから降りると

空気がひんやりとしました。

ちょっと寒いくらい。

 

バスの始発で行ったのに五合目はすでに人がまぁまぁいました。

 

ここから五合目佐藤小屋の方へ向かうとちょうどいいタイミングで落ちあえる計画だったんですが

ラン友さんの方がかなり早く到着してしまいまして、

迎えに来てくれました…(^^;;

 

 

一緒に佐藤小屋の方まで行き、ラン友さんはリスタート

私もなるべくはぐれないように最初は頑張って着いて行ってたんですが、ラン友さんの速さについていけない…

f:id:yucarinsan:20180715104246j:image

ラン友さんの五合目まで走った疲労はハンデにならなかった…私が弱すぎるだけか。

 

練習の邪魔をしたくはないんで、

先に行って〜と言って

各々てっぺんを目指しました。

 

f:id:yucarinsan:20180715104435j:image

 

f:id:yucarinsan:20180715105947j:image

f:id:yucarinsan:20180715110025j:image

f:id:yucarinsan:20180715110123j:image

f:id:yucarinsan:20180715165031j:image

f:id:yucarinsan:20180715165117j:image
f:id:yucarinsan:20180715165455j:image
f:id:yucarinsan:20180715165446j:image
f:id:yucarinsan:20180715165450j:image

 

 

f:id:yucarinsan:20180715145928j:image

 

f:id:yucarinsan:20180715145828j:image

 

f:id:yucarinsan:20180715150002j:image

 

 

 

忘れないようにたくさん写真撮ったけど

これどこやったかな??って

覚えてないものばかり…

 

最初のうちはところどころ走ったりしたんですが、だんだんと歩きオンリーに。

 

岩場でゴツゴツしているところを手を使って登るのは進みやすくて楽しかったです。

 

高山病が心配やったんですが

少々頭が痛いような気がしたものの、

息苦しさはそんなに感じずに進めました。

これは意外でした。

 

ラン友さんは八合目の最後の方で足が止まってました。急に息苦しさが襲ってきたようなんです。ここからはラン友さんと一緒にボチボチ登りました。

 

 

山頂に近づくにつれて、たくさんの登山者で混雑して進みにくくなります。

 

 

f:id:yucarinsan:20180715143019j:image

【この鳥居をくぐって富士登山競走のゴールに到着!】

 

f:id:yucarinsan:20180715150046j:image

f:id:yucarinsan:20180715164918j:image

 

【素晴らしい景色が見れて感動しました!】

 

 

最高峰は剣ヶ峰というところなんですが

ラン友さんは息苦しくて辛そうでしたから

そこまで行くのは今回はやめておき、

高級なビールとコーラで乾杯後、

早々に下山を開始しました。

 

下山道はかなりしんどかった…

小石がゴロゴロの滑りやすい砂地で

砂埃が舞うので苦しいです。

つづら折れのこういう道が延々と続きます

 

ここではサングラスは必須です。

目に砂が入りこみます。

顔も汚れますので、マスクなどをしておいた方がいいです。

ラン友さんは下山が進むにつれ

元気になりました笑

よかった。

 

13時半頃にスバルライン五合目に到着!

人で溢れかえっていました。

ここから富士山駅までバスに乗って帰りました。

f:id:yucarinsan:20180715151533j:image

【名物の?メロンパン購入】

 

 

ラン友さんは今回の試走は2週間後の本番に向けてかなりの不安が残ったようで、帰り道はしきりに弱音を吐いていましたが

 

大阪から運転して、ほぼ不眠の状態で重いザックを背負って、本番さながらのペースで登ったので、初めての富士山頂上アタックにしてはかなりの負荷だったんだと思います。だから呼吸困難が出たんじゃないのかなぁ

 

本番は前泊するし、ザック背負わなくていいし、もっと万全の状態で走れるはず

 

頑張って欲しいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体調不良は落ち着いて来たかな

 

 

金曜日は早めに寝て、

たっぷり8時間ほどの睡眠。

起きたら咳は出ない?

寝すぎのせいか身体がだるいような…

熱を測ってみても平熱

頭痛がしたのでロキソニンを服用

 

起きてしばらくすると、

咳がコンコンコンと、やっぱりでる。

でも昨日までよりはマシか。

ロキソニンが効いて頭痛が気にならなくなったら元気に動けた。

 

夜ご飯はお酒も飲んだ。

 

酔いを覚まして、

遅めの時間から様子見のジョギングしてみた。

 

息を吐くときにゼロゼロと音が鳴って

何度か咳は出るけれど

気持ち良く走れたかな。

 

明日は(もう今日だけど)長めの距離を走りたいな。

 

ほんとに…

丹後ウルトラに向けてがんばらないと〜

 

 

今週は

 

 

雨が続きますね。

 

昨日は3キロほど走ってやめました。

もっと走りたかったけど、

1キロほど走ったところで咳が出て苦しかった。

 

これは風邪なんだろうか。

いったん、そう考え出したら

そういえば、今日はずっと喉がイガイガするような気がするし、

熱っぽいような気もする。

 

どんどん具合が悪くなってきた(^^;;

 

明日もあさっても雨。

この間に治ってくれればいいな

 

 

 

丹後ウルトラにエントリー

 

 

今年も丹後ウルトラマラソンにエントリーしました。

 

 

がんばるぞ!

 

 

 

でも、これに向けてまだ本格的な練習を開始できていません。

 

 

言い訳ばかりが頭を巡って。

やりたい練習を実行に移せません。

やろうとして走り出しますが、

すぐにやめてしまいます。

 

 

あかんぞ!

ちゃんとやれ!

 

 

 

 

 

今週は雨が続くなぁ…

 

 

雨でも走ろうか。

 

鯖街道ウルトラマラソン走ってきた。

鯖街道と呼ばれる旧街道を走る、

ウルトラマラソンを走ってきました。

 

この大会は2コースあり、

福井県小浜市からスタートし72km走る通称『本鯖』と、滋賀県梅の木よりスタートして43km走る通称『半鯖』があります。

 

私は本鯖に参加してきまして、

無事にゴールする事ができました。

ゴールタイムは9時間50分台です。

 

今回で3回目の参加ですが、

今年は諸事情があったようで、

コースの距離が5キロ短くなりました。

77km →72km

 

なので、昨年と今年、

タイムでの比較はできないんですが、

 

おととしの1回目は、59km地点の鞍馬の関門を通過できずDNF

去年2回目は、50位台

今回は、30位台でゴールできました。

 


これに向けての練習としては、
ロング走35km1回のみと
あとは、生駒山に何回かトレランをしに行ったくらいで、練習不足で大変だろうなと思ったんですが、

今回も順位が少しあがりました。

やはり、コースを知っているというだけで大きなアドバンテージになるんでしょうか。

 

 

鯖街道

苦しくてしんどいですが

何故かチャレンジしたくなります。

 

 

 

 

 

トレラン。下るのがヘタ

来週は鯖街道ウルトラマラソンを走ります。

 

このレースはトレイルコースも走るので

練習しておこうと思って、

最近、何度か生駒に行ってきました。

 

私は、山の下りが

こけそうで怖くて

へっぴり腰になります。

 

お山にはもう何度も行っているのに、

上達する気配が無いですね。

むしろ、どんどん想像力が豊かに?なって、

恐怖心が増しているような気がします。

 

 

先日、メキシコのララムリと呼ばれる民族の

密着番組を観ていました。

テレビをつけたら、たまたまやっていたので
番組名がわからないんですが…

 

彼らは山岳地帯で暮らしているため

日々の生活は山を登ったり下りたりが当たり前。

驚異の持久力をもつ民族として、

前も別の番組で見た事があります。

ウルトラマラソンのレースでも活躍しているようです。

 

そんな彼らは走る時、サンダルを履いているんですが

山の下りでも

足をスルスルスルーと動かして、

上半身はほとんど動いていない

でも、すっごく速い!

ちゃんとしたシューズではなくて、

ただのサンダルなのに

すごい安定力です。

 

鏑木さん著のトレランの指南書には

下りの場合でも上体は前傾させること

と、書いてあります…

後傾させると余計に転倒のリスクが増すのだそうです。

 

…怖いですね。

トレランは度胸がいりますね。

ダイエットのこと

ラソンの記録を向上させたければ

体重を少しでも軽くしておいた方がいいな

というのは、

誰かから教えてもらわなくてもランナーなら自然と実感する事だと思います。

 

私は太りやすいので、
万年ダイエッターです。

走り始めたのも、そもそもはダイエット目的です。

ですが私の場合は走るだけではやせませんでした。

レース後は流石に少し痩せますがすぐに元どおりになります。

 

私のラン友さんの中に、もともと大酒飲みで巨漢だったけれど、走るようになってだいぶ痩せたという人がいて、

うらやましいなぁって思いながら聞いてました。

見た目に劇的変化があれば、

モチベーションも上がりますもんね。

まぁ、その方は走る量が多いというのもあります…

私もその人くらい走れば痩せれるのかもしれませんが、その前に足を故障してしまいます。たぶん。

 

 

そんなことで。

(自分にとって無理のない範囲で)走る事だけでは痩せられない私は、

相変わらずダイエットのことを気にしなければならず、今でも流行している糖質制限なんかも

もちろん体験済みであります。

 

糖質制限は、最初にやってみたときは

かなりの効き目で、みるみる痩せました。

ただ、大好きな炭水化物を食べられないというストレスで長続きせず。

この経験でいざという時は糖質を抜く事ですぐに痩せれるという自信がついたんですが、

その後何度かやって行くうちに、糖質を抜いてもあまり痩せなくなっていきました。

 

繰り返すことで、身体は慣れてくるのかな

よくわからないけれど…

日頃からもコンビニなどで買い物をする時は

カロリーよりも糖質量をチェックして、

ゆるーい糖質制限をしていたんですが、

よくよく考えてみると、

糖質低めの商品て、

だいたい脂質が多めです。

 

糖質だけが太る原因!

と、思っていたんですが、

最近いろいろ調べる中で、

ちょっと考えを改めました。

 

脂質制限をした方が痩せるような気がして

実践中であります。

完全に脂質を断つという過激なものではなく、

『意識して控える程度』のものですが。

途中経過、また報告します。